天花

地を這うとも
天をあおぎ
とどかずとも
耳をすます

啓くは ひとり
歩むは ふたり

ひとみ凝らせば
葉影にゆれる露

道 掃き浄め
手 さしのべ

空しさに訪れる
藤紫のかおり

花 咲き
いのち 地を満たし
花 散り
いのち 天に充つ