『夢十夜 第一夜』(夏目漱石)寄せて

泪の雫は
海の鍵盤を爪弾き
ふるさとの空へ
旋律の虹をかける

引く波
往く波
百年の諧調をおりなす

それは欠片の記憶
億光年のしらべ

永遠の焔をたたえる
密かやなかなしみ

瞼閉じれば
涯しなき今

星が纏うは
薄衣

闇に抱く
鴇色の花影